サービスを求めるならお金が必要!LCC利用時の消費者心理

虹がかかる空

更新情報

消費者心理として知っておくべき格安航空券

知らないからこそ、不満を持ってしまうのも格安航空券です。安く飛行機に乗ることができる手段になりますが、裏を返せば知らないことによって、料金がかさむことになり、素直に大手の航空会社に乗っていればよかったといったことも珍しいことではありません。消費者心理として知っておかないといけないことがあります。

安いには理由がある

STOPと書かれた手のひら
飛行機に安く乗ることができるというだけで、格安航空券に意味を見出せる人もいますが、大切なことを忘れてはいけません。
安いには理由があります。
LCCには徹底したサービスの削減によって、安いチケットを実現しました。
ANAやJALなどのフルサービスキャリアは早期購入によって、格安の航空チケットを販売しています。

この裏に潜んでいるのは、空席を失くそうとする航空会社の努力であり、削れるところは削ってそれを利用者に還元しようとする動きです。
消費者心理として安いだけで飛びついてしまいがちですが、しっかりと安いには理由があり、時には不利益を被ることもあることを知っておくべきです。

サービスを削減して安くしたLCC

フルサービスキャリアと異なり、LCCは特にサービスを徹底して削減をして、それをチケットに還元しています。
これによってサービスに不満を持つ人も現れ、LCCを利用するデメリットとして、良く語られていることです。
あるLCCは大学生にこそ利用してほしい交通手段として開業したエピソードを持つ会社もありますが、その対象であったとしてもフルサービスキャリアと比較すると、サービスが悪いと言われるほどですので、その点は覚悟して搭乗するようにしましょう。

サービスを求めるならお金が必要

LCCでサービスを求めるならお金が必要です。
機内のあらゆる欲求は、お金によって解決されるといっても過言ではありません。
「安いから」の消費者心理で飛びついてしまえば、意味のない飛行機の搭乗になってしまう可能性もあります。

予定のキャンセルで受ける不利益

LCCにしても、フルサービスキャリアにしても予定のキャンセルは大きな不利益を被ります。
キャンセル料が発生し、各航空会社によって異なっていますが、購入チケット料金の40%ほど取られることも。
予定変更・キャンセルは大きな損失になることを知っておきましょう。

すぐに飛びつかないように

格安で飛行機に乗ることができることで、すぐに飛びついてしまうのが消費者心理ですが、知らないことによって不利益を受けることもあります。
まずは理由を探って、それから購入することをおすすめします。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 サービスを求めるならお金が必要!LCC利用時の消費者心理 All Rights Reserved.